FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会不安障害でも恋愛はできる 彼女・彼氏も簡単にできる

lovedateaffairsex.jpg 

社会不安障害、対人恐怖症と恋愛


社会不安障害であろうと、対人恐怖症持ちだろうと、コミュ障だろうと、恋愛はちゃんとできます。
普通の人間はなんにも障害がなく、異性と話せていいな、カップルになれていいな、それに比べて自分は…と劣等感を持ちがちですが、その気持ちなんかでは恋愛はできません。

自分を卑下して、社会不安障害のことを呪いたくなる気持ちは本当に良くわかります。
これさえなければ、なぜなった、自分だけ…と何度自分のことを罵り嘆き悲しんできたかわかりません。

ですが、社会不安障害だからといって、生きていかなければならない現実はあります。
じゃあ、いくら社会不安障害だといって逃げ続けて一生を終えたいですか?
恋愛も好きなこともできず、一人だけの世界で生きられるとは、誰もが思っていないはず。
今は逃げ場があるかもしれませんが、そんなものは一時的なものです。
社会不安障害だろうと、社会で生きていかなくてはいけない、過酷な現実からは目を背けられません。

社会不安障害克服には恋愛が一番


社会生活だなんだというのも堅苦しいし、生きていくのが嫌になるだけなので、まずは楽しむことを考えたほうがいいと思います。
それには恋愛が一番です。
愛だの好きだのはとても気持ちが高ぶりますし、生きていてよかったと実感できる最高の場が恋愛です。

まずは社会不安障害だから恋愛できない、してはいけない、という固定観念は捨ててください!
それが一番まずい考えです。
その考えこそが、社会不安障害そのものよりもやばいです。
社会不安障害がそういう考え方にしてしまったという捉え方はできますが、だからといって、今後恋愛するためには「社会不安障害の自分でも恋愛はできる」という思考にならなければ駄目です。

ハンデがあるとは思わない、ハンデがあっても行動する


僕も岩波先生のプログラムに通っている最中から、恋愛しようと行動を起こしました。
そして、普通の人よりはハンデがありましたが、それでも恋人ができましたし、とても楽しい恋愛ができました。
もし僕が「まだまだ普通になっていないのに恋愛するのはだめだ、できっこない」と思っていたら、絶対に恋人はできなかったでしょう。
そして社会不安障害の治りも著しく遅れていたと思います。


社会不安障害が治ってから恋愛しよう←最悪の考え方


社会不安障害は人と接することがとても疲れます。
だから恋愛なんて無理だと諦めているかもしれませんが、人と付き合っても疲れなくなる訓練に恋愛にチャレンジしてください。
ただし高望みは絶対にしないこと。
社会不安障害の人は、僕に限らずプライドがものすごく高いです。
それが悩みの原因になって、さらに悪化させるやばいエネルギーですが、まずはどんな人でもOKで、とにかく恋人を作ることに徹してください。

普通の人だろうが、恋愛の達人だろうが、高望みしたら、誰だって緊張して固まります。
うまく自分を出せずに失敗することは常です。
だから、最初は絶対に容姿、性格問わずに、誰でもいいからアプローチしてください。

最初から完璧に行かなくていい。その途中途中で成功体験を小さく積み重ねる


小さな成功体験がとても重要です。
その成功体験と自信が大事です。
本当に誰でもいいので、自分の好みなんて考えずに、とにかくカップルになれるような人を見つけてください。
今は出会いの場はいくらでもあるので、行動を起こしてください。
出会いの場を見つけない人間は、一生どんなに魅力的な人でも恋人はできませんから。

こんな人と付き合ってプライドが壊れる、と思わないこと。
逆にあえて、そういう人にアプローチしてください。
本命の理想の人と付き合うには、そこから始めないと一生できません。
一人孤独に、恋愛の素晴らしさ、楽しさ、喜びを知らないまま生き続けることを考えたら、その恐怖を糧にして行動してみてください。
プライドが高いのに、プライドが満たされない一生は嫌なはずです。

最初は自分に好意を持ってくれそうな人、ガードが低い人、かなり年上でもいいですし、とにかくプライドや自分の好みは捨てること。
相手と自分の立場にすると、自分が優位になるような人にしてください。
理想の人だと、何にも話すこともできずに玉砕するだけですから。
自信をもっと失うし、孤独でもいいと人生をすねてしまうことになります。

最初から完璧を求めないことです。
恋愛経験が少ない人ほど、うまくいった経験もないと同時に、うまくいかない経験値もないため(恋愛の達人と言われる人は失敗体験のほうが圧倒的に多いわけです)、想像の中で恋愛がうまくいかなければならないという妄想を抱いてしまいがちです。
最初から完璧に行くわけがないし、いちばん重要な点は100%落とせなかったけれど、今日は手をつなぐことができた、デートに誘うことができた、という途中経過の成功体験だけを拾うことです。

恋人にはなれなかったけれど、ある程度まではうまくいったな、大きな進歩だと何でもプラスに捉えること。
恋愛の達人も、100%うまくいっているわけではないので、自分を卑下する必要はありません。
とにかく恋愛に対する認知の歪みを正していくことも大事です。

まずは絶対に自分が主導権をもてそうな相手にプローチ


最初は自分が主導権をもてそうな人にアプローチすることを心がけてください。
決して相手を高く見てしまう対象には近づかないこと。
まだ早いです。
ですが、成功体験を積み重ねていくと、仰ぎ見るような人でも同じようにアプローチできるようになるので、まずは積み重ねていってください。

あとは起こられるかもしれませんが、一人だけに的を絞らないことです。
たった一人に執着したら駄目です。
恋愛はゲームだと割り切ってください。
純愛をしたい人も、本当に純愛をしたかったら、最初はゲームのつもりでやってください。

人生はゲーム、恋愛もゲーム。真剣にやる必要はない、軽く軽く


人生はゲームです。
罰ゲームじゃありません。
一番胸躍る楽しいゲームは恋愛です。
そういう軽い気持ちで臨んでください。

食事に誘う、デートに誘う、手をつなぐ、キスをする、告白する、などどの段階でもいいので、相手から承諾をもらう回数を増やすことです。
その積み重ねが自信の積み重ねであり、決して本を読んだだけでは一生獲得できない成功体験を得られます。
告白してフラレても、デートを承諾してもらった成功体験だけを拾ってください。
けっして恨んでストーカーになったりしないでください(笑)
あなたには別の恋愛対象者が山ほどいるわけですから。

身だしなみだけはきちんと


身だしなみは絶対にきちんとすることです。
不潔な人間は人格や性格の前に切られます。
身だしなみに無頓着な人に恋愛をする資格はないと言っておきます。
恋愛が苦手な人は身だしなみがなっていない人が多いと思います。
逆にどんなに顔がまずくても、清潔な格好をしている人は好まれますよ。
自分自身をちゃんと見つめ直しましょう。

質よりも量


もしも、たとえ自分が好きじゃないタイプであっても、恋愛が成立したら、それはものすごい自信になります。
その人とは長く付き合う必要ないですし(理想のカップルだろうが結局別れているのが世の常です)、次へ次へと相手にアプローチしてください。

最初は緊張しますが、その頃には緊張はちょっとあっても、自分のペースを崩すことなく、主体的に主導権を持って相手を接することができているはず。
そうなると、恋愛は簡単かもしれないと思い始めるかもしれません。

社会不安障害の恋愛は難しいという認知の歪みに気づくこと


恋愛が難しいと思うのは思い込みであり、成功体験の乏しさからくるものです。
どんな小さな成功体験でも積み重ねていくことで、恋愛は意外に簡単かもと思うことが、さらにいい恋愛につながる唯一の道だと僕は思います。

僕は恋愛のコツや人間の心理の真実のことを岩波先生にも多く教わりましたし、プログラムに通っている人にもたくさんのありがたいアドバイスをもらい、自分で実践しました。
やっぱり言われたとおりでしたし、社会不安障害でも人並みに恋愛はできるんだという自信が、次のステージに自分を引き上げてくれたと思います。

最初は小さな成功体験を積み重ねていくことで、ついにはピッタリの彼女に出会えるようになりました。

行動を起こそう。億劫でも歩み続ける覚悟が大事。行動した以上の喜びがある


このブログに書いていることは人からの受け売りではなく、僕自身の経験を通した体験談です。
そして恋愛が苦手な人は、認知の歪みが必ずあります。
そして何より行動しません。
しかも社会不安障害だのコミュ障だのを理由に動かないから、どんどん社会不安障害が深刻化してしまうことにも気づく必要があると思います。

行動を起こした人だけが得られる感動を経ないと、一生孤独で身も心もぼろぼろになっていく救いようがない状態になってしまいます。
脅しではなくて、僕が行動しなければ、そうなっていた確信があるからです。




スポンサーサイト

Tag : 社会不安障害 対人恐怖症 人間関係 岩波英知先生 恋愛 恋人 彼氏 彼女 コツ

恋人をつくるということ それと神経症克服の関連

対人恐怖症社会不安障害という人の共通の特徴として、人とうまく付き合えないと言うことがあります。
 今更言うまでもないことですが、同性でさえそうなら、異性とだったら、考えてみるだけでも恐ろしいことです(でした)
 果たして自分は彼女(彼)ができるんだろうか? 
できたらいいなと思うけれど、接点と出会いがないから、いつまでたっても恋人ができない。

できたらできたで、今度は恋人に対人恐怖症社会不安障害の症状を悟られたらどうしよう、迷惑かけたらどうしようと怯えてしまい、つきあっていても、きつい。 
たとえ両思いにならなくても、相手からもし慕われたらどうしよう?と考えてしまいます。
嬉しいけれど、きついかなと考えてしまいます。 
対人恐怖症社会不安障害で悩むと、こんなことまで悩んでしまうんですよね。

僕がその思考のかたまりだったんですが、結構みなさんも同じだと思います。
なぜ確信を持って言えるかというと、先生の神経症克服プログラムに通っていた男の人は、ほとんどそんな感じでしたから。 
対人恐怖症社会不安障害にはまっているとそんな思考になってしまいます。

普通の人から、「何を考えているんだ お前?」とあきれかえられちゃうでしょう。 
でも、それを悟られないように、こっちも頑張って普通の人を装うんだけど、またまたきついんだなこれが。 
あ~、なんでこんなことにまでヘトヘトに神経をすり減らさなければいけないんだ!?とむなしいやら、イライラするやら

でも、少しでもコンディションが良くなってきたら、積極的に恋人を作った方がいいと思います。 
というのは、人から好かれることが、ものすごい自信になるからです。 
対人恐怖症社会不安障害で悩んでいると自信をすっかりなくしてしまいますよね。
自信を取り戻していく、または獲得していくことが、神経症克服の大きなというより、僕はそれがすべてだと思います。 

トラウマとかあるのも確かだし、それを見つめて処理していくのは当然だと思います。
だけど、自信を獲得していけば、自然とトラウマの部分もなくなっていくんだと思います。
僕はそうでした。 

恋人の話に戻しますが、自信獲得の一番手っ取り早く、非常に大きな方法が、恋人を作るってことです。 
最初は勇気がいりますが、とにかく達成した方がいいです。 
ここで注意ですが、最初は高望みをしちゃダメ!
これは、「人から好かれる」ことで自信を獲得することが目的なので、とにかく恋人を作る!
そうしたらとっても生きやすくなって、理想の彼女ができるようになりますよ。

ステップアップしていけばいいだけです。 
もしこれを読んでて、「怖い」という感情しかなかったら、めちゃくちゃはまっている証拠です(笑) 

そうそう、先生は、「恋人の作り方」「口説き方」を教えてくれます。先生のところに通うとこんな特典がついてきます(笑) 

 それでは
メンタルマン





おすすめリンク

会話の格闘術体験記

テーマ : 彼女を作る - ジャンル : 恋愛

Tag : コミュニケーション能力 対人恐怖症 会話の格闘術 岩波英知先生 神経症 メンタルヘルス いじめ 社会不安障害 ドリームアート 人間関係

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。